世界卓球2014日本男子 水谷隼が“生涯のベストゲーム”と語る伝説のドイツ戦をDEEP解説(テレビ東京スポーツ)

出典元:テレビ東京スポーツ

1月23日放送の「卓球ジャパン!」は、日本が急激に成長を遂げたこの10年を振り返るシリーズ企画「卓球ジャパン!クロニクル」の2014年男子日本代表篇(後編)。

【動画】ラバーが神進化!水谷隼が進化し続けるラバーの違いを徹底検証

今回は世界卓球2014団体戦で4大会連続のメダルを決めた日本男子が、37年ぶりの決勝進出をかけて宿敵・ドイツと戦った準決勝の模様を倉嶋洋介男子監督をゲストに迎えて振り返った。

日本男子にとってドイツはまさに宿敵と言える相手だった。2008年北京五輪の準決勝でラストまでもつれる激闘の末に敗れて以来、世界卓球2010モスクワ大会、世界卓球2012ドルトムント大会でも準決勝で敗れている。

実に3大会連続でドイツに決勝進出を阻まれていた。そして迎えた世界卓球2014東京大会。4回目となる準決勝でのドイツとの激突だった。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。