坂本花織 3月の世界選手権へ弾み「完成形の演技ができるようにしたい」(テレビ東京スポーツ)

出典元:テレビ東京スポーツ

フィギュアスケートの冬季国体成年女子の部 フリーが30日行われ、兵庫県代表の坂本花織(神戸学院大)がショートプログラム(SP)に続いてトップの149.33点をマークし、合計227.78点で優勝。

SP1位の坂本はフリー「マトリックス」で迫力の演技を見せた。まずは、冒頭ダブルアクセルで飛距離のあるジャンプが持ち味の坂本がその強みを見せると。さらに、続くコンビネーションでは1つめで着氷が乱れるが、2つ目にしっかりと3回転をつけて挽回。

ショートに続き、完成度の高い演技で2位を大きく突き放し優勝を飾った坂本。3月の世界選手権へ弾みをつけた。

坂本「今シーズン最後の試合になるので、思い切ってショートもフリーも完成形の演技ができるようにしたいと思います」と世界選手権へ向けて意気込みを語った。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。