ヤクルト・古田臨時コーチ 奥川よ“菅野になれ”!未来のエースに熱視線(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

捕手としてヤクルトの黄金期を支え、選手兼任で監督も務めた古田敦也臨時コーチ(55)が第2クール初日の5日にチームに合流した。

 投手陣では将来のエース候補である2人の右腕に熱視線を送った。ブルペンで43球を投じた高卒2年目の奥川については「何年後かに(巨人の)菅野のように(エースに)なってもらわないといけない」と期待。49球を投じたドラフト1位の木沢(慶大)については「(前日にあいさつした時は)非常に紳士的だったけれど、マウンドに上がったらいい意味で柄が悪い。野性味があふれている」と評した。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。