羽生も認める「負けん気」鍵山優真、“頂点”目指す! 北京冬季五輪あと1年/フィギュア(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

史上初めて夏と冬の五輪開催都市となる北京での2022年冬季五輪は、きょう4日で開幕まで1年。新型コロナウイルスの影響が心配される中で、選手は準備を進めている。フィギュアスケート男子で17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)は、父・正和氏(49)も出た五輪を目指す注目株。3月24日開幕の世界選手権(ストックホルム)の代表に入った。五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=もその「負けん気」を評価する次世代の星は、強気で銀盤に立つ。(取材構成・鈴木智紘)

 柔和なまなざしの奥底に、闘志が宿る。星槎国際高横浜の推薦入試に向けて、中学の校長との面接に臨んだときのこと。短所を聞かれた鍵山は力強く答えた。「考えないようにしています」。当時15歳。前向きな姿勢は際立っていた。

 5歳で競技を始めた。印象的な五輪に2018年平昌大会を挙げる。「王者の意地というのかな。テレビ画面越しでも伝わってきました」。羽生がけがを乗り越え、2連覇を決めた劇的なフリーは今も忘れられない。

 あれから3年。夢の輪郭が鮮明に見えてきた。きっかけは昨冬のユース五輪で手にした金メダルだ。開会式では日本選手団の旗手として行進し、選手村での生活も経験。「五輪はもっとすごいんだろうな…」。その1カ月後にはシニアと争った四大陸選手権で3位に入り、自信が深まった。

 1992年アルベールビル、94年リレハンメル五輪に出場した正和氏を父に持つ。膝や足首の柔らかさを生かした着氷は父譲りで「こけそうで、こけないんです」と笑う。午前4時半に起きて早朝練習に励み、夜遅くまで滑り込む。今季のシニア転向を決めた際、コーチでもある正和氏から心構えを説かれた。「日本で一番を目指すというのは世界のトップを狙うということ」。

 日本の両雄が高い壁として立ちはだかる。昨年12月の全日本選手権は、平昌五輪金メダルの羽生結弦、同銀メダルの宇野昌磨に次ぐ3位。「羽生選手たちに追いつけば、世界のてっぺんにも追いつくと捉えています」。トーループ、サルコーに続く自身3種類目の4回転ジャンプとしてループの習得を目指している。

 最大3つの北京五輪出場枠を争う世界選手権で初めて日の丸を背負う。昨年末に代表が臨んだ会見後、羽生に声を掛けられた。「優真の良さは負けん気の強さや勢いだから、(意気込みを)どんどん言ったらいいよ。何かあったら俺が守るから」。不安もあって会見で控えめな言葉を並べた代表最年少の17歳は、憧れの26歳に背中を押されて長所を思い起こした。

 「世界選手権に出るからには上を目指すし、何か残して帰りたい。北京五輪は、もちろん狙っています」。強気のホープが次代を担う。

★北京五輪代表選考

 世界選手権では各種目の順位で北京五輪の国・地域別出場枠を争い、1人(組)が2位以内か2人(組)の合計が13位以内で最大3枠を獲得できる。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた各国・地域のエントリー状況次第で、枠の獲得方法が再検討される可能性もある。日本の五輪代表は来季の全日本選手権で決まる見込み。

■鍵山 優真(かぎやま・ゆうま)

 2003(平成15)年5月5日生まれ、17歳。神奈川県出身。通信制の星槎国際高横浜2年。昨季は全日本選手権3位、ユース五輪金メダル、四大陸選手権3位。シニアデビューした今季は初のグランプリシリーズとなったNHK杯で優勝。全日本選手権3位。160センチ、51キロ。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。