レアルFWアザール左足負傷 加入後10度目のけが(日刊スポーツ)

出典元:日刊スポーツ

レアル・マドリードは3日、ベルギー代表FWエデン・アザール(30)が検査を受け、左足大腿(だいたい)直筋負傷と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

【写真】肥えたアザールついに「バーガーキング」がディスる

スペイン紙アスによると、フィジカル面にいくつかの違和感があり、2日の練習を休んだアザールは、3日に行われた練習に参加した際、左足の筋肉に痛みがあったため検査を受け、新たなけがが発見されたという。

クラブは復帰時期について明らかにしていないが、アス紙は全治3~4週間と推測している。これはアザールにとって、Rマドリード加入後の約1年半で、10回目のけがとなっている。

今季も昨季同様のけがに苦しんだ他、新型コロナウイルスへの感染もあったアザール。今季ここまでの公式戦成績は13試合出場3得点1アシストとなっている。(高橋智行通信員)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。