巨人・戸郷、“桑田理論”を実践「15球×9回=135球での完投」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

巨人・戸郷翔征投手(20)が3日、1軍キャンプで“桑田理論”を投球練習に取り入れた。2度目のブルペン入りで135球の熱投。桑田投手チーフコーチ補佐が提唱する「15球×9回=135球での完投」を意識したもので、「キツかった。制球はよくなっている。楽しかったです」と充実感を口にした。

 キャンプ初日に53球を投げ、中1日でギアを上げた。ブルペンでは自己最多となる135球。「やっぱり六、七、八回が一番きつい。(試合)後半に打たれていたのが現状」と冷静に課題と向き合う。

 2年目の昨季9勝と頭角を現したが、完投はまだない。昨年11月3日の広島戦(マツダ)では、九回2死から139球目を菊池涼に同点2ランされて完封を逃した。この日も「100球前後から球の弱さが見えた。まだまだトレーニングが足りないです」。最後まで球威が落ちない本当の強さを手に入れる。(伊藤昇)

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。