広島の連敗が「17」でストップ…横浜の猛追をかわし、昨年11月11日以来となる白星を挙げる(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

1月30日、各地でBリーグ第19節が行われ、広島ドラゴンフライズが横浜ビー・コルセアーズと対戦した。

今季の新人王は誰だ⁉ 前半戦終了時点でのルーキーたちの活躍を振り返る

 最初の10分間、広島はグレゴリー・エチェニケやアイザイア・マーフィーを中心にスコアを伸ばす。22-18と4点リードで迎えた第2クォーターは、朝山正悟の2本の3ポイントなどでさらに点差を広げ、45-36と9点差で試合を折り返す。

 第3クォーターは横浜の得点を10点に抑えつつ、攻めては16点を挙げ、61-46と15点のリードで最終クォーターへ。最後の10分間は、ロバート・カーターや河村勇輝を中心とした横浜の猛攻を受けて24失点。それでもエチェニケやマーフィの得点でなんとか逃げ切りに成功し、最終スコア70-73でタイムアップ。広島が昨年11月11日の京都ハンナリーズ戦以来となる白星を手にし、連敗を「17」でストップさせた。

 広島はエチェニケが21得点12リバウンドとダブルダブルを達成し、マーフィーが15得点、朝山が10得点をマーク。横浜はパトリック・アウダが18得点、河村が8得点7アシストを記録するも、4連敗を喫することとなった。

■試合結果
横浜ビー・コルセアーズ 70-73 広島ドラゴンフライズ(@横浜国際プール)
横浜|18|18|10|24|=70
広島|22|23|16|12|=73

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。