昨季セーブ王の阪神・スアレスが入国「リーグ優勝、日本一を」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

阪神は24日、ロベルト・スアレス投手(29)が入国したことを発表した。球団によると、出発前と日本到着時に検査を受けて新型コロナウイルスの「陰性」を確認。25日から14日間は自宅待機の後、チーム合流の時期を探る。

 ソフトバンクから移籍1年目の昨季は51試合に登板して、25セーブでタイトルも獲得した右腕は「タイガースに戻ってくることができて、とてもうれしく思います。チームのために勝利に貢献して、チームメートたち、愛するタイガースファンのみなさんと一緒にリーグ優勝、そして日本一を成し遂げることができるように頑張ります」とコメント。虎2年目のシーズンに向けて意気込んだ。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。