“土俵際の魔術師”正代、2敗譲らず…右足一本残し「引き落とすことだけに専念した」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆大相撲初場所13日目(22日、東京・両国国技館)

 大関・正代が、またも“土俵際の魔術師”ぶりを発揮して2敗を死守した。関脇・隆の勝に逆転のはたき込みで、辛くも優勝争いトップの座をキープ。ここ4日間で4度の物言いがつく微妙な勝負を拾い続け、2度目の賜杯を目指す。同じく2敗の西前頭筆頭・大栄翔は、東同6枚目・竜電を押し出して完勝した。首位2人は変わらず、2差の4敗で大関・朝乃山、関脇・照ノ富士と平幕の逸ノ城、琴ノ若が追う。

 またも“正代マジック”が飛び出した。隆の勝との一番は、はたいて呼び込み絶体絶命。俵付近の砂を巻き上げながら右足一本で残り、再度はたき込んだ。相手に上がりかけた軍配が、正代に上がる微妙な判定は物言い。「(土俵際は)もう自分の体も浮き上がってしまった。今日は引き落とすことだけに専念した」。協議の結果、正代の足は出ておらず、相手の右手が先についており、薄氷の白星で2敗を守った。

 直近4番で4回目の物言いと際どい相撲が続く。10日の遠藤戦、11日目の隠岐の海戦では2番とも負けを覚悟したが同体取り直し、軍配差し違えで白星を拾った。神懸かる大関に、八角理事長(元横綱・北勝海)は「内容はともかく、最後まで楽しませてくれて。大関の責任としてあしたからきちっとやってくれるでしょう」とゲキを飛ばした。

 平幕・大栄翔と首位をキープし、後続とは2差のまま。過去13日目終了時点で2差を逆転した例はなく、一騎打ちの構図になってきた。大栄翔は平幕戦のみで、正代は大関戦を残すが、伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「(力士は)目の前の一番しか考えてない。有利不利はない」とピシャリ。正代は「星を落とさないように千秋楽まで。決定戦に持ち込めたらいい」と大一番を見据えた。

 過去にカド番Vは8回あり、うち初カド番での賜杯は貴ノ花(のちの横綱・貴乃花)、魁皇の2例だけ。「並ぶ力士がいるのでまだ気が楽な方。(優勝は)そんなに意識してな…」と話すと間を空け、「したくない。自分の相撲を取れるように」と言い聞かせた。緊張感は高まるが「勝利の女神? ついている気がする。負けたくない気持ちはすごく強い」と強気。追い風は吹いている。2度目の賜杯は、闘志むき出しでつかみ取る。(竹内 夏紀)

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。