藤井2冠 “天敵”豊島竜王に7戦目で初勝利、得意早指しで呪縛解いた(スポニチアネックス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポニチアネックス

将棋の藤井聡太2冠(18)=王位、棋聖=が17日、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=を7度目の対戦で初めて下した。名古屋市の名古屋国際会議場で指された第14回朝日杯将棋オープン戦の本戦準々決勝で94手で“天敵”を破り、4年連続のベスト4へ進んだ。

 呪縛からようやく解放された。最近の豊島戦は僅差の戦いばかりでも結果が伴わなかった。それでもこの一戦に挑む心中はひたすら前向きだった。「公式戦で(豊島2冠に)勝てていなかったが、強い相手と対戦できるのは楽しいこと。過去の成績は忘れて、一生懸命指そうと思っていた」と語った。その表情は謙虚な言葉とは裏腹にいつもより誇らしげに映った。

 この日も中盤までは互角の展開。先に1分将棋に追い込まれ、難解な終盤戦では持ち時間がない中でミスも出た。それでもそこから詰めろに追い込む逆襲の一手を繰り出せるところが冠ホルダーとなった今の底力だ。

 前期こそ準決勝で敗退した一般棋戦の朝日杯だが、持ち時間各40分の早指しはめっぽう得意。2019年の第12回大会決勝で渡辺明王将(36)=名人、棋王との3冠=を下して2連覇を果たしていた。タイトル戦の番勝負のような大舞台は、持ち時間が最低でも各4時間もある。棋界関係者からは「得意の早指しの将棋で下したとはいえ、苦手の豊島にやっと勝ったことで、本来は別物のタイトル戦で豊島と当たる時に自信を持って臨めるだろう」との声が上がった。別の関係者は「将棋には相性があるとはいえ、あれほどの勝率を誇る藤井が6連敗をするほど豊島に負けるのが不思議だった。この勝利がどのような影響を与えるかは未知数だが、プラスに働く可能性はある」とした。

 来月11日の準決勝では渡辺明王将と激突する。藤井は「精いっぱい、いい将棋を指せるよう頑張りたい」と語った。2年ぶりの優勝で、高校生棋士としての有終の美を飾れるか注目される。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。