スイング改造真っただ中…石川遼予選落ち 感染者増で国内ツアーの心配も【ソニー・オープン】(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

◇15日 米男子ゴルフ ソニー・オープン第2日(米ハワイ州、ワイアラエCC)

 松山英樹(28)=レクサス=が65で回り、通算9アンダーで前日の23位から7位に急浮上。首位とは3打差に迫り、優勝争いに割って入った。通算12アンダーのトップは8つ伸ばしたニック・テーラー(カナダ)。ほかの日本勢5人のうち、通算5アンダーの小平智(31)=アドミラル=と通算4アンダーの木下稜介(29)=ハートランド=は決勝ラウンドに進んだが、金谷拓実(22)=東北福祉大4年、石川遼(29)=カシオ、香妻陣一朗(26)は予選落ちした。

   ◇   ◇

 石川は1バーディー、5ボギーの74と奮わず決勝に進めなかった。スイング改造の途中で、成績にとらわれないつもりだというが、「もどかしい気持ちはあるし、応援してくれる人には心配かけてしまう」と無念そう。次戦は未定で、キャンプも考えるという。

 その一方で、日本男子ツアーの選手会副会長として、コロナ禍で行われた今大会の運営は参考に。石川は「米ツアーはうまくやっているからこうやって試合が続いている。(日本の感染者数が)増えた状態で春を迎えたらどうするか。理想はギャラリーを入れて試合ができること。帰国したらみんなでしっかり話し合いたい」と語った。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。