生田斗真、脚本家の“生みの苦しみ”味わった「ゼロから1を作り出す人たちを尊敬」 セクゾ菊池は生田と初共演「楽しくできた」(中日スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:中日スポーツ

16日にスタートするテレビ朝日系ドラマ「オシドラサタデー『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』」(土曜午後11時30分、初回のみ午後11時)の制作発表リモート会見が13日に行われ、主演の生田斗真(36)、吉瀬美智子(45)、人気グループ・Sexy Zoneの菊池風磨(25)、脚本家の福田靖さん(58)が出席した。

 福田さんの完全オリジナルストーリーで、生田演じる細々と執筆を続けながら家事全般を担う脚本家兼主夫に突然連続ドラマの脚本執筆が舞い込み奔走する姿や、家族との絆を描く。

 撮影は昨年内に終了。福田さん自身の経験がもとになっているが、生田は「脚本家という職業ドラマではなくて、大きな(仕事の)脚本が舞い込んで家庭がどう変わったかというのが見どころ」とアピール。

 数々の映像作品に出演してきた生田。今回、脚本家を演じ作品の“生みの苦しみ”を味わっただけに、「ゼロから1を作り出す人たちを尊敬しますね」としみじみ。菊池は事務所の先輩の生田と初共演だったが、「先輩・後輩をとっぱらってくれたので、楽しくできました」と撮影を振り返った。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。