国吉が“新庄流”トレで進化目指す まるで格闘技…サンドバック蹴りも挑戦【DeNA】(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

昨季42試合に登板したDeNAの国吉佑樹投手(29)が「新庄流」の股関節トレーニングで進化を目指す。昨年末、12球団合同トライアウト前に新庄剛志さん(48)が通った福井県の整骨院で合宿したことを明かし、手応えを口にした。

 国吉が公開した動画にはサンドバッグを蹴る様子が映っていた。格闘技転向ではない。「可動域が広がってしなやかに使えるように野球のトレーニングの一環です。腰痛にもいいので、体の不調もなくなってきました」と効果を強調した。

 昨年12月、熊本・秀岳館高の後輩に紹介してもらって向かったのは福井県大野市の「山内整骨院」。「新庄さんがトライアウトを受ける前に行っていたんです」。NPB復帰を目指した48歳がトレーニングを積んだ場所でもあった。

 新庄さんの関節の軟らかさを聞き、トライアウトで放った1安打の裏に猛練習があったことも知った。山内整骨院ではレンジャーズ移籍が決まった有原が早大時代に合宿したことも。新旧大リーガーの虎の穴を足掛かりに、今季もチームの力になる。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。