東京湾口タチウオ新年早々大暴れ! 富津港「鹿島丸」から出船(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

「誘いを止めるな!」こわもてな面構えに似合わず、ちょっとビビリな東京湾のタチウオが新年早々から暴れ始めた。千葉県富津港の「鹿島丸」では初釣りからパワフルボディーが竿先を引き込み、力強さを猛アピール。寒さも吹き飛ばすほどの強引に船上は大にぎわいだ。タチ兄ぃは、やっぱり冬でもガチ(本気)だぜ!! (中日釣ペン 竹川啓二)

 夏の浅場からスタートしたタチウオ釣りも、冬場は脂が乗った幅広で厚みのあるボディーが強引を楽しませてくれる。4本から5本指がアベレージとサイズも申し分なし。しかもメーターオーバーも珍しくなく、アワセた瞬間に竿先が引き込まれていくパワフルさはタチ兄ぃの最大の醍醐味(だいごみ)といえよう。

 釣り場は「聖地」の観音崎沖から走水、大津沖と、もっか広範囲に広がっている。水深40~70メートル前後が中心。昨年の実績では厳寒期に横浜から羽田沖の20~40メートルダチで釣れる「狂い咲き」現象もあり、今年も兄ぃの行動から目が離せない。

 「魚はいっぱいいます。誘って、誘って、誘い続けるのが好漁につながりますよ」とは鹿島孝夫船長。

◆道糸1.5号か2号 オモリ号数は船長指示厳守

<タックル&仕掛け> 専用竿のほか、オモリの許容範囲が広いゲームロッドタイプも人気。先調子タイプが誘いも掛けやすく扱いやすい。長さは1・8~2メートル前後が一般的。リールは電動タイプが主流だが、オモリが軽い分、手巻きでも対応できる。いずれも道糸はPE1・5号(船宿推奨)または2号厳守。それより細くても太くてもNG!

 オモリは40号・60号・80号を水深と潮の速さで使い分ける。船長から号数指示のアナウンスがあるのでこちらも厳守だ。仕掛けは図を参照。

◆タナ下限から上限までリズミカルに シャクリと巻き上げが基本の誘い

<釣り方> 大事なことは誘いとアワセのタイミング。船長から指示ダナのアナウンスがあるので下限まで仕掛けを落とし、仕掛けがなじむのを待ってから誘い開始。

 竿先を小刻みに動かして、シャクリと巻き上げをリズミカルに上限まで続けるのが基本の誘い。タチウオ釣りでは常に誘いを掛け続けるのが必須だが、アタリが遠ければ誘い幅やスピードに変化をつけてみるのも効果的だ。

 アタリはコツとかモソモソと小さく表れた時はまだ兄ぃが餌を突いている状態の前アタリ。これはアワセず見過ごして、次にグッと竿先を押さえ込むようなアタリがきた時がグッドタイミング。ギュッと強めにアワセよう。

 強い引き込みや重量感が伝われば針掛かり成功。電動リールなら中速よりやや速めでリーリング。手巻きなら引きに合わせて巻き上げる。テンビンが水面に見えたら竿を立てて取り込み、ハリスを短く持って取り込む。この時に勢いをつけて抜き上げるのはNG。針から外れてどっかに飛んでいっちゃう危険もあるので注意したい。

 釣れたタチウオはすぐクーラーにしまうのがベスト。バケツや床に置きっぱなしだと、かまれる可能性があるので気を付けよう。しまう際はハサミなどでエラを切って血抜きしておくと、よりおいしくなる。

 クーラーにしまう時は頭を同じ方向にすると取り出すとき安心。兄ぃの歯はカミソリ並みの切れ味で死んでも切れ味は落ちないよ!

<取り込み> 勢いをつけずハリスを短く持ってそのまま抜き上げるのが基本

<餌> コノシロの切り身で3回の縫い刺しが基本

<船宿メモ> 鹿島丸=(電)0439(87)2186。乗合料金は9500円(餌・氷付き)。女性&子どもは割引あり。予約制で港に午前6時集合(予約時確認のこと)で準備整い次第出船する。キャンセル、または遅れそうなときは必ず連絡を。別船はカサゴ、フグなどへ。貸し竿、仕掛け常備。

<交通> 車が便利。館山道・木更津南ICから国道16号バイパスを経由して富津岬(富津港)方面へ。港の一番奥を右折(看板あり)、突き当たりまで進めば乗船場所と受け付けの軽トラックが止まっている。無料駐車場完備。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。