新十両・王鵬が初白星にホッ「とりあえずよかった」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆大相撲 ▽初場所3日目(12日、東京・両国国技館)

 元横綱・大鵬(故人)の孫、新十両の王鵬(大嶽)が、西十両12枚目・貴源治(常盤山)を寄り切って、昇進後の初白星を挙げた。

 立ち合いで左を差して、力強く足を前に出した。土俵際で粘った貴源治が最後は根負け。右目上付近から流血しながらも、「攻め続けられてよかった。前に出る稽古しかしていない。止まらないようにした。とりあえずよかったです」と充実の表情を浮かべた。

 初日から2連敗していたが、うまく気持ちは切り替えた。「明日からはもう大丈夫だと思います。自分の得意な、前に出る相撲が取れたらいいなと思います」。昨年12月には祖父の故郷、北海道・弟子屈町を訪問し、関取としての飛躍を誓った。ここから白星を積み上げていく。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。