プロ野球、Jのキャンプは? 専門家チームはキャンプ延期よりも実施へ自治体の理解、連携を説く(スポニチアネックス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポニチアネックス

プロ野球とJリーグが合同設置した新型コロナウイルス対策連絡会議が12日、オンラインで開かれた。プロ野球の斉藤惇コミッショナー、Jリーグの村井満チェアマン、専門家チームが出席した。

 プロ野球、Jリーグともにキャンプを目前に控えている。会議では、現状でキャンプ地との自治体とどのような連携をとっているか、検査体制や、万が一に感染者が出た場合の自治体との連携について話し合いを進め、専門家チームからの提言を受けた。

 専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大特任教授)は「キャンプ地での地方自治体との連携が重要なポイントになる。自治体の状況がどうか」と指摘。三鴨広繁氏(愛知医大感染症科部長)は「地元の医療でひっ迫している地域がある。医療体制をひっ迫させないためにどうすべきか」と語り、状況をキャンプ直前まで見極めるとともに「キャンプを遅らせれば、シーズンは遅れることになる。基本的にはキャンプを延期するという策は考えていない」とし、まずは予定通りの実施に向けて自治体と連携をとることが大切であると説いた。

 

 また同じく専門家チームの舘田一博氏(東邦大教授)は「NPBとJリーグがやれないとなれば、東京オリンピック、パラリンピックなんてとてもじゃないができない。手本となるようなシーズンにならないといけない」と語った。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の再発令を受けての専門家チームの提言を踏まえ、プロ野球は同日夕方に12球団代表者会議で2月1日からのキャンプ日程について協議する。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に出ている緊急事態宣言は、2月7日まで。仮にキャンプインが遅れることになれば、選手の調整にも影響は必至。3月26日を予定している開幕日にも影響が及ぶ可能性が出てくる。

 キャンプ地となる沖縄、宮崎の自治体の判断、状況がキャンプ開催判断へ向けて大きな要素となりそうだ。

 Jリーグも同日、実行委員会を行う。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。