【浦和・ニューイヤーC】トランセンデンス重賞初V!森「勝ててホッとしている」(スポニチアネックス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポニチアネックス

21年浦和の開幕を飾る3歳重賞「第64回ニューイヤーカップ」(S3)が7日、浦和競馬場で行われた。2番人気のトランセンデンスが直線2番手から抜け出し優勝、重賞初制覇を果たした。同馬と2着ジョーロノには「第44回京浜盃」(S2、3月24日、大井)への優先出走権が与えられた。また、この勝利で小久保師は区切りの1500勝をマークした。

 ホッカイドウ競馬からの転入初戦、初コースをものともせず3馬身差の圧勝劇は能力の高さを見せつけた。3コーナーで一気に前に取り付くと逃げたジョーロノの外に馬体を併せた。直線を向けば手応えは歴然。一気に突き放してVゴールに飛び込んだ。昨年に続きこのレース連覇で今年の重賞初制覇となった森は「小回りを心配していたが文句のつけようがない内容で勝ててホッとしている。楽しみが膨らんだ」と手応えをつかんだ様子。“出世レース”で見事ワンツーフィニッシュを飾った小久保師。春のクラシックへ向け最高のスタートを切った。

 ◆トランセンデンス 父トランセンド 母タントタント(母の父シニスターミニスター) 牡3歳 浦和・小久保智厩舎 馬主・徳原英修氏 生産者・北海道日高町の藤本ファーム 戦績8戦2勝(南関東2戦1勝) 総獲得賞金2513万円。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。