アーモンドアイが年度代表馬 3歳3冠馬2頭抑え2度目選出(スポニチアネックス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポニチアネックス

2020年度JRA賞受賞馬選考委員会が6日、東京都港区のJRA本部で行われた。年度代表馬には史上初の芝G1・9冠馬アーモンドアイ(牝6=国枝)が選出された。記者投票総数283票中、236票を獲得。3歳牡馬3冠コントレイル(牡4=矢作)、同牝馬3冠デアリングタクト(牝4=杉山晴)などを抑え、記録ラッシュに沸いた20年日本競馬の年度代表馬に輝いた。

 20年のアーモンドアイはヴィクトリアマイル、天皇賞・秋、ジャパンCとG1を3勝。天皇賞・秋で歴代単独最多の芝G18勝目を挙げた。ラストランとなったジャパンCでは、後輩3冠馬コントレイル、デアリングタクトとの直接対決を制し、有終の美を飾った。年度代表馬への選出は19年に続いて2度目。

 同馬はすでに生まれ故郷の北海道ノーザンファームへ移動し、繁殖牝馬として第2の馬生に備えている。初年度の交配相手はエピファネイアが最有力で、早ければ初子は24年にデビューを迎える。

 なお、年度代表馬の投票では、コントレイルが44票、グランアレグリアが2票、デアリングタクトが1票をそれぞれ得票した。

 ▽最優秀2歳牡馬=ダノンザキッド(262票、グレナディアガーズ21)

 ▽最優秀2歳牝馬=ソダシ(満票283票)

 ▽最優秀3歳牡馬=コントレイル(満票283票)

 ▽最優秀3歳牝馬=デアリングタクト(満票283票)

 ▽最優秀4歳以上牡馬=フィエールマン(241票、該当馬なし18、ダノンスマッシュ12、クリソベリル7、チュウワウィザード4、メイショウダッサイ1)

 ▽最優秀4歳以上牝馬=アーモンドアイ(281票、グランアレグリア2)

 ▽最優秀短距離馬=グランアレグリア(282票、アーモンドアイ1)

 ▽最優秀ダートホース=チュウワウィザード(186票、クリソベリル85、モズアスコット4、該当馬なし4、オメガパフューム2、アルクトス1、ダノンファラオ1)

 ▽最優秀障害馬=メイショウダッサイ(199票、オジュウチョウサン81、該当馬なし3)

 ▽特別賞=クロノジェネシス

 ▽特別賞(調教師部門)=藤沢和雄調教師

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。