【京都金杯】14番人気エントシャイデンが逃げて3着 波乱演出の川須「迷わず逃げた」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆第59回京都金杯・G3(1月5日、中京競馬場・芝1600メートル、良)

 2021年の開幕を告げるハンデ重賞、京都金杯は京都競馬場の改修工事のため、今年は中京競馬場で16頭によって争われた。12番人気のケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が18年8月のG3・新潟2歳S以来となる重賞制覇を飾った。勝ち時計は1分33秒1。

 2着には2番人気のピースワンパラディ(福永祐一騎手)、3着は逃げ粘った14番人気のエントシャイデン(川須栄彦騎手)が入って、3連単は122万8010円の高配当となった。

 川須栄彦騎手(エントシャイデン=3着)「具合が本当にいいことは調教で分かっていました。この枠(13番)だったので、いちかばちかで、スタートも良かったので、迷わず逃げる形を選択しました。最後までしぶとく頑張って、出し切った3着だと思います」

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。