【京都金杯・敗者の弁】メンバー唯一のG1馬ケイアイノーテックはブービーの15着 藤岡佑「行き脚がつかなかったので…(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆第59回京都金杯・G3(1月5日、中京競馬場・芝1600メートル、良)

 2021年の開幕を告げるハンデ重賞、京都金杯は京都競馬場の改修工事のため、今年は中京競馬場で16頭によって争われた。12番人気のケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が18年8月のG3・新潟2歳S以来となる重賞制覇を飾った。勝ち時計は1分33秒1。

 2着には2番人気のピースワンパラディ(福永祐一騎手)、3着は逃げ粘った14番人気のエントシャイデン(川須栄彦騎手)が入って、3連単は122万8010円の高配当となった。

 加藤祥太騎手(ラセット=13着)「後ろからでは届かないと思ったので、(庄野)調教師と相談して中団から進めました。2着の馬については行けたけど、いつもの脚が使えませんでした」

 幸英明騎手(ブラックムーン=14着)「ペースが遅く、後ろから進める馬にとっては展開がきつかったです」

 藤岡佑介騎手(ケイアイノーテック=15着)「行き脚がつかなかったので…」

 松若風馬騎手(ロードマイウェイ=16着)「もう少しいい位置で進めたかったです。向こう正面で大きな不利があって位置取りが下がって、そこからリズムが悪くなりました」

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。