【京都金杯・敗者の弁】重賞4勝スマートオーディンのラストランは9着 荻野極「折り合いがついていたら、切れる脚が使えた」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆第59回京都金杯・G3(1月5日、中京競馬場・芝1600メートル、良)

 2021年の開幕を告げるハンデ重賞、京都金杯は京都競馬場の改修工事のため、今年は中京競馬場で16頭によって争われた。12番人気のケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が18年8月のG3・新潟2歳S以来となる重賞制覇を飾った。勝ち時計は1分33秒1。

 2着には2番人気のピースワンパラディ(福永祐一騎手)、3着は逃げ粘った14番人気のエントシャイデン(川須栄彦騎手)が入って、3連単は122万8010円の高配当となった。

 鮫島克駿騎手(ボンセルヴィーソ=7着)「行く馬がいるならスタート次第で行こうと思っていました。エントシャイデンが行ったけど、レースが上手な馬で2番手からでも問題なく進められました。楽な形で直線を迎えたけど、坂を上がって苦しくなりました」

 荻野極騎手(スマートオーディン=9着)「向こう正面でかかってしまいました。折り合いがついていたら、切れる脚が使えたと思います」

 吉田隼人騎手(レッドアネモス=10着)「ゲートが開く前に突進して、いつものように好スタートを決められなかったです。ためていく競馬をして最後もいい脚を使っていますが、もう少しいい馬場で競馬ができていたら」

 酒井学騎手(メイケイダイハード=11着)「G1の前走で負けたけど、レースぶりが良くなってきた印象がありました。もう少し強引な競馬をしても良かったと思います。馬が充実してきた印象があります。どこかできっかけをつかんでスイッチが入るようなら」

 坂井瑠星騎手(サトノアーサー=12着)「思い通りの位置を取れたのですが、少し力んでいて4コーナーで内からぶつけられて手応えがなくなりました」

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。