【古馬次走報】カレンブーケドールは京都記念で始動(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

★有馬記念3着フィエールマン(美・手塚、牡6)は、6日に福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出され、その後は北海道へ移動する予定で、次走は未定。6着カレンブーケドール(美・国枝、牝5)の始動戦は京都記念(2月14日、阪神、GII、芝2200メートル)が有力で、その後は大阪杯(4月4日、阪神、GI、芝2000メートル)を目標にする見込み。9着オセアグレイト(美・菊川、牡5)は、日経賞(3月27日、中山、GII、芝2500メートル)から天皇賞・春(5月2日、阪神、GI、芝3200メートル)に向かい、引き続き横山典騎手が手綱を取る予定。13着バビット(栗・浜田、牡4)は中山記念(2月28日、中山、GII、芝1800メートル)へ。

 ★矢作厩舎のOP馬の動向は以下の通り。東京大賞典7着ハナズレジェンド(栗・矢作、牡8)は東海S(24日、中京、GII、ダ1800メートル)か佐賀記念(2月11日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)を視野。12着ダノンファラオ(牡4)は川崎記念(27日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)に向かう。ギャラクシーS3着スマートセラヴィー(牡5)は根岸S(31日、東京、GIII、ダ1400メートル)へ。

 ★昨年のエプソムC8着以来休養しているゴーフォザサミット(美・藤沢和、牡6)は、白富士S(30日、東京、L、芝2000メートル)。僚馬でスワンS4着アルーシャ(牝6)は、ニューイヤーS(9日、中山、L、芝1600メートル)へ。

 ★阪神C2着マルターズディオサ(美・手塚、牝4)は次走、サンスポ杯阪神牝馬S(4月10日、GII、芝1600メートル)が有力だが、阪急杯(2月28日、阪神、GIII、芝1400メートル)の可能性も。その後はヴィクトリアマイル(5月16日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。