【箱根駅伝】駒大、逆転総合Vへ創価大ピタリ追走…8区・佃康平「後半なかなか詰まっていかなかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

【成績速報】8区(平塚中継所-戸塚中継所 21.4キロ)

 8区で、逆転総合Vを目指す駒大は首位の創価大と1分29秒差の2位でタスキリレーした。7区終了時点と比べ、22秒タイム差を縮め、9区以降に託した形。8区を担った佃康平(3年)は「プラン通りにはいけたので良かった。後半は自分も上げていけず、中々差が詰まらなかった」と振り返った。

 首位の創価大、後続の3位以下とも離れて単独走が続いた。「今年はコロナの状況で、一人で練習する機会が多かった。しっかりと駅伝を意識して、しっかり4月から練習してきたので、その結果が少し出たのかなと思う」と分析していた。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。