残り1秒で小酒部泰暉の4点プレーが炸裂! アルバルク東京が大阪エヴェッサに劇的逆転勝利を収める(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

1月2日、B1リーグ第16節が行われ、アルバルク東京が大阪エヴェッサと対戦した。

 前半は大阪が優位に試合を進める。A東京はケビン・ジョーンズが10分間で9得点を挙げるなど躍動するも、17-19と第1クォーターで2点ビハインド。その後の10分間でさらに点差を広げられ、32-41と9点差で後半へ。

 第3クォーターには、安藤誓哉や田中大貴の得点で一時2点差まで迫る場面を作りつつも、大阪のジョシュ・ハレルソンの連続得点を許すなどして、結局53-62と9点差のままま第4クォーターへ。それでも、最後の10分間に入るとA東京が怒涛の攻撃を開始。デション・トーマスや安藤の得点で瞬く間に点差を詰めていくと、試合時間残り53秒時点で田中大貴の3ポイントが決まり同点に。さらに残り1秒で小酒部泰暉が4点プレーを成功させ、最終スコア83-79とA東京が劇的な逆転勝利を果たした。

 A東京は15得点を挙げたジョーンズを筆頭に、田中やトーマス、小島元基、安藤、アレックス・カークなど計6選手が2ケタ得点をマークした。

■試合結果
アルバルク東京 83-79 大阪エヴェッサ(@アリーナ立川立飛)
A東京|17|15|21|30|=83
大 阪|19|22|21|17|=79

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。