天理大が明大撃破で決勝進出 初優勝かけ…11日に早大と激突【ラグビー大学選手権】(中日スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:中日スポーツ

◇2日 ラグビー全国大学選手権準決勝 天理大41―15明大(秩父宮)

 初優勝を目指す天理大(関西1位)が、明大(関東対抗戦1位)に快勝し、2大会ぶりに決勝進出を果たした。11日の決勝(東京・国立競技場)では、帝京大(同4位)を下した早大(同2位)と対戦する。

 2大会前の決勝では17―22で明大に敗れた天理大は開始3分、WTB土橋が右隅に飛び込み先制トライ。同24分に、明大WTB石川にトライを許して追いつかれるも、その5分後にフッカー佐藤のトライで勝ち越すと、同36分にはロックのモアラがチーム3本目のトライを挙げ、点差を広げた。

 天理大は後半4分にSO松永、同10分にフッカー佐藤が連続トライ。明大はその後2トライを返されたものの、松永のPG、土橋のこの日2本目のトライで加点し、勝負を決めた。フランカーの松岡主将は場内インタビューで「めちゃくちゃうれしい。部員全員の力だと思う。いい準備をして臨み、優勝したいと思う」と高らかにV宣言した。

 2大会ぶりの王座返り咲きを狙った明大は全体的に防御が甘く、積極的に前に出てくる天理大の攻撃を止めきれなかった。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。