【箱根駅伝】「え~1位?」選手もびっくり往路首位の創価大、トップで7区へ“観戦自粛”も応援の人出やまず(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

【詳しく】各区ランナー成績と使用シューズ

 往路首位の創価大は、6区で浜野将基(2年)が首位を守って7区にタスキをつないだ。

 榎木和貴監督も「想定していなかった」という往路V。トップで出ることになった浜野は、59分30秒を切れば合格点といわれ、指揮官に送り出された。「3、4位のほうが緊張していた。1位だと逆に笑って、えー、1位!?と思っていた。ふっきれたというか、自分のペースでしっかり走れた」と及第点を与えた。

 新型コロナ感染拡大にともない、2日には一都三県の知事が政府に緊急事態宣言発出を要請。復路も引き続き、沿道での観戦自粛が強く求められる中で行われた。例年より人出は明らかに少なかったが、芦ノ湯や小涌園前、大平台などのポイントでは手を振ったり、スマートホンを片手に撮影する人の姿も見られた。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。