【中山金杯&京都金杯】丑年生まれの“年男”“年女”に注目!ジョッキーは12名、トレーナーは10名(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

丑年生まれで、2021年に“年男”“年女”となるジョッキーは、1985年生まれの上野翔騎手、川田将雅騎手、丹内祐次騎手、黛弘人騎手、1997年生まれの荻野極騎手、加藤祥太騎手、川又賢治騎手、菊沢一樹騎手、坂井瑠星騎手、藤田菜七子騎手、森裕太朗騎手、山田敬士騎手の12名。また、丑年生まれの“年男”トレーナーは、1961年生まれの蛯名利弘調教師、大橋勇樹調教師、田中剛調教師、藤岡健一調教師、森田直行調教師、矢作芳人調教師、1973年生まれの上村洋行調教師、牧光二調教師、1985年生まれの加藤士津八調教師、田中博康調教師の10名。

 このうち、藤岡健一調教師は、同じく“年男”だった2009年の京都金杯を制しており、2021年の中山金杯にはヴァンケドミンゴ(牡)、京都金杯にはセラピア(牝)を登録している。また、“年男”ジョッキーでは丹内祐次騎手が中山金杯でマイネルサーパス(牡、美浦・高木登厩舎)に騎乗予定。京都金杯には荻野極騎手がスマートオーディン(牡、栗東・池江泰寿厩舎)、加藤祥太騎手がラセット(牡、栗東・庄野靖志厩舎)、坂井瑠星騎手がサトノアーサー(牡、栗東・池江泰寿厩舎)とのコンビで参戦する予定だが、重賞制覇で好発進を決めることができるかどうか。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。