2021年の中央競馬は1月5日スタート!開幕を飾る重賞は中山金杯&京都金杯(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

2021年の中央競馬は1月5日の中山・中京開催からスタートする。初日の5日には中山で中山金杯、中京で京都金杯が実施される。過去には東西の金杯優勝からGIホースへと上り詰めた馬も数多く見られ、近年では2015年の中山金杯を制したラブリーデイが同年のJRA・GI2勝、2019年の中山金杯を制したウインブライトは、同年に海外GI2勝を挙げ、大きな飛躍を遂げた。中山金杯には21頭、京都金杯には22頭の登録があるが、2021年の開幕を飾る重賞を制すのはどの馬だろうか。なお、丑年に実施された金杯の結果を見ると、中山金杯では1番人気馬が2勝しているのに対し、京都金杯では未勝利で、2着も1997年ユウトウセイの1回のみと苦戦している。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。