キンプリ“Wゆうた”が嵐に感謝!岸優太「夢をいただいてデビューできた」(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

King&Princeの岸優太(25)と神宮寺勇太(23)が2日、昨年いっぱいで活動休止した嵐について言及した。東京・丸の内の帝国劇場で舞台「ドリームボーイズ」に出演後、本紙などの取材に対応。神宮寺は「嵐さんの曲を聴いて育った。いつまでも一ファンとして聴いていたい」としみじみ。Jr.時代に10周年ツアーで初めてバックについた岸は「“ああなりたい”という夢をいただいてデビューできた」と感謝した。

 “ポスト嵐”の筆頭候補ともいわれるキンプリの岸と神宮寺が、国民的グループの背中を追って2021年に飛躍することを誓った。

 2人はボクシングを題材に夢の大切さを描いた舞台「ドリームボーイズ」(27日まで)に出演中。大みそかをもってグループ活動を休止した嵐からもらった夢が、キンプリとして活躍する糧になっていると明かした。

 リーダーの岸は、嵐が2009~10年に開催した10周年ツアーに初めてバックダンサーとして参加。当時は中学生で「『いつかああなりたい』という夢をいただいてデビューできた。背中を追い続けたい」と力を込めた。

 神宮寺は「僕たちは嵐さんの曲を聴いて育ち、青春を感じられる世代」と回想。「いつまでも一ファンとして聴いていたい」と瞳を輝かせた。

 キンプリは18年5月に「シンデレラガール」で華々しくデビュー。同年から3年連続で紅白に出場し、昨年はトップバッターの大役を務めた。1999年11月にデビュー曲「A・RA・SHI」が大ヒットしたが、ブレークまでに数年を要し、紅白初出場まで10年かかった嵐を上回る勢いだ。

 この日、岸は1・7メートル四方の巨大書初めで「革」としたため、「女と男のLOVEと書いて、これを革命と読みます」と滝沢秀明副社長(38)のソロデビュー曲「愛・革命」の歌詞を引用してニヤリ。神宮寺は「漢」と書き、「嵐さんは常に新しいことにチャレンジしてきた」と5人の“漢(おとこ)”を改めてリスペクトした。

 嵐は1999年にハワイで行ったデビュー会見で「世界中に嵐を巻き起こす」と宣言したが、神宮寺は「僕らには言えない!」と恐縮。岸は「嵐さんが築いたレールに乗って、革命を起こすことはグループとしての夢。世界中をティアラ(キンプリファンの呼称)で染めます!」と壮大な夢へのゴングを鳴らした。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。