G大阪倉田「自分の力のなさ実感」東口も雪辱燃える(日刊スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:日刊スポーツ

<天皇杯:川崎F 1-0 G大阪>◇1日◇決勝◇国立競技場

ガンバ大阪は、川崎フロンターレに雪辱を果たすことはできなかった。MF倉田秋(32)は、この敗戦を来季の成長の糧にする。

【写真】後半、シュートを外し思わず苦笑いのG大阪FW宇佐美(左)

今季貫いてきた粘り強い守りで、前半は狙いどおり無失点に抑えたが、後半10分に先制を許した。同40分に先発復帰を果たしたFW宇佐美貴史(28)がシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれた。徐々に攻撃のリズムをつかんでいたが、得点できないまま試合は終了。リーグ戦に続いて、2度目の川崎Fの優勝セレモニーを見届けることとなった。

倉田は「取られた1点は仕方ないけど悔しい。自分の力のなさを実感した瞬間」と悔やむ。しかし「今回の負けを糧にして成長できればそれはいいこと。ACLもあるし、川崎Fを倒すという目標もある。それに向かってやっていければいいかなと思います」。

GK東口順昭(34)は「前半0-0で折り返すのがマストやったんで、自分たちの流れになると思いましたけど」と前半を振り返る。今季、34歳を迎えた中でも自身のセービングに成長を感じていた守護神は「こういう舞台に立ち続けたい。もっともっと自分にむち打って、成長していきたい」。来季も貪欲にサッカーに打ち込む。

今シーズンの悔しさを忘れず、来季こそ川崎Fにリベンジを果たす。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。