遠藤保仁「相思相愛」× 中村憲剛「今でも緊張する」だから僕は決めた ~サッカーがくれた未来~(テレビ東京スポーツ)

出典元:テレビ東京スポーツ

元日本代表MFの遠藤保仁と中村憲剛。日本サッカーを長年にわたって牽引してきた2人が40歳を迎えた今年、大きな決断をした。

移籍と引退。遠藤は長年プレーを続けたJ1のガンバ大阪からJ2のジュビロ磐田へシーズン半ばに期限付きで移籍。一方、川崎フロンターレ一筋で歩んできた中村選手は今シーズン限りでの現役引退を決めた。

Jリーグや日本代表で活躍してきた二人が大きな転機を迎えた今、キャリアを振り返り、抱いてきた思いを、そして決断の真意を語った。

 この選手がいると試合への期待が膨らむ。一本のパスで試合の展開を変え、ゴールを演出し、セットプレーからの得点もある。遠藤保仁と中村憲剛は、そういう違いを生み出す選手だ。

 その二人は揃って1980年生まれで今年40歳になった。遠藤はガンバ、中村は川崎で長年クラブの顔として存在感を発揮してきたが、早くから注目を集めアンダー世代から日本代表として活躍してきた遠藤。無名の存在から這い上がってきた中村。プロとして表舞台に立つまでの過程は対照的だった。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。