本田紗来が泣いた「つらい時は姉がいつも支えてくれて…」憧れの存在・真凜、誇りに思う望結【姉妹で正月インタビュー】(中日スポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:中日スポーツ

ともにフィギュアスケート選手で、女優の本田望結(16)、タレントの本田紗来(13)姉妹が飛躍を宣言!! 高校1年と中学1年の2人は、スケート、学業、芸能活動と“一人三役”でフル稼働中。兄と姉は、フィギュアスケート選手の本田太一(22、今季限りで引退表明)、本田真凜(19)。長女を含めた5人きょうだいは、コロナ禍に負けず支え合う強い結束力で2021年をスタートする。本田家の強い絆が22年北京冬季五輪を目指す真凜をバックアップする。

◆本田望結「365日充実した年にしたい!」
 
 昨年は(コロナ禍の自粛生活で)世界が大きく変わって気持ちが付いていけませんでした。小さいころから家族がそろうことはなかなかなくて、毎日顔を合わせるが不思議だった。当たり前のことが当たり前ではないと分かった1年でした。

 バラエティーやCMで紗来と過ごすことも多く、家でも外でも大好きな妹といられるのがすごく楽しかった。今年は17歳。スケートで良い成績を残せる年にしたいです。

 17歳って幼いころから憧れていて、自分にも期待してます。一つひとつの物事を大切に、ゆっくりかみしめながら日々過ごしたいです。

 「家政婦のミタ」から10年…。今は過去を振り返るよりこの先が大事という気持ち。ですが、女優さんはやりたいと言ってやれるものではなく、選んでくださった方の期待に応えるのが大事。スケートでは全日本選手権に出場することが目標ですが、優勝できる可能性はゼロに近いと思ってます。それは、私より3倍練習して本気でやってる方には勝てないから。協力してくれる事務所の方や家族が喜んでくれる(スケートの)結果、役を演じて恩返ししたい。

 姉の真凜は昔から憧れで、姉が姉で良かった。誰にも持ってない何かキラキラ輝いて、人がひかれるものを持ってる。姉が1位になってセンターにいるのを見たいですが、それ以上に魅せる表現を変わらずにやってほしい。元気で楽しんでくれたらと思います。

 そして今年は「第99回全国高校サッカー選手権大会」16代目応援マネジャーを務めさせてもらってます。今年は、無駄な日を作らないことが目標。365日充実した年にしたいです!

◆本田紗来「芸能活動より、スケートがメイン」

 昨年、スケートは初めてジュニアの1年目で緊張してしまったので、やり残したことがあります。今年はやり残したことをやり遂げ、新しい目標を見つけて楽しみながら頑張っていきたいです。スケートをメインで頑張っています。あっという間に中学生活は終わるので、友達との時間も大切にして、スケートも芸能のお仕事も全部集中できるよう、気を抜かずにやりたい。芸能活動より、私はスケートがメイン。お芝居は自分にできないと思うからです。

 スケート(選手の生活)も人生の中ではあっという間に終わります。みんなの心に残るようなスケーターになりたい。姉(真凜)が世界で1番になり、私も世界で1番のタイトルを取れるようになりたい。あの時頑張っていたら良かったな、と思わないスケート生活を送りたいです。

 お客さんがひきこまれるような演技をするのが私の目標。姉(真凜)は昔から憧れ。姉がどれだけ練習しているか一番近くで見てるので、(試合では)練習の成果を出してほしい。少しでも頑張ってほしいと思って、いつも試合の前にお手紙を書いてます。いつか姉が引退しても、私が選手として頑張って引き継ぎたいです。

 姉(望結)は物心ついた時にテレビに出ていた。有名人の姉がいるのは当たり前でないと気づいて誇りに思いました。家族はすごい大好き。みんなで大きな壁を乗り越える時は支え合います。私がつらい時は姉がいつも支えてくれて…(思わず涙)。今年は「生きる」ことを頑張りたい。コロナのことでいろんなことがあったので、当たり前の生活を幸せと感じながら、いろんな人のためにも頑張りたい。

 ◇本田望結(ほんだ・みゆ) 2004(平成16)年6月1日生まれ、京都府出身。11年10月期日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」の出演でブレーク。15年9月公開の「ポプラの秋」で映画初主演。主なドラマ出演は、12年TBS系「コドモ警察」、15年TBS系「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」、18年テレビ東京系「バイプレイヤーズ」など。映画出演は、15年12月公開の「母と暮せば」など。

 フィギュアスケートでは、12年12月第35回京都府民総合体育大会スケート競技会3級女子で1位。13年3月第60回京都府スケート選手権大会ノービス選手権B女子で1位など数々の実績を持つ。20年2月第52回全大阪フィギュアスケート選手権大会 ジュニア選手権女子優勝。身長160センチ。

 ◇本田紗来(ほんだ・さら) 2007(平成19)年4月4日生まれ、京都府出身。16年10月近畿フィギュアスケート選手権大会2016ノービスB女子優勝、全日本ノービス選手権2016ノービスB女子で4位、17年10月第21回全日本ノービス選手権大会ノービスB女子優勝。19年2月国際大会オランダ・デンハーグチャレンジカップフィギュア2019 アドバンスドノービス女子優勝などの数々の実績を持つ。

 17年8月に「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」でゲスト声優。テレビ出演も多く、日本テレビ系「おしゃれイズム」、テレビ朝日系「ミュージックステーション」、フジテレビ系「坂上どうぶつ王国」、日テレ系「ダウンタウンDX」など。身長151センチ。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。