【ヤクルト】五十嵐亮太は評論などの活動を行う見込み インスタも開設…第二の人生、羽ばたく(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

10月25日の引退登板から約2か月。23年間の現役生活にピリオドを打った元ヤクルトの五十嵐亮太氏(41)は充実した時間を送っている。

 野球のないオフは30年以上ぶり。コロナ禍で外出を極力控えるなど、行動に制限は多いが「最初の頃は我慢できなくて、健康のためにトレーニングしたり、今はバイクの免許を取りに行っていますよ。野球をやっているとできないことを楽しみながらやっています」と近況を明かした。

 これだけの経験はなかなかできない。現役時代はすべて救援で日米通算906登板。97年のドラフトでヤクルト入りし、米球界、ソフトバンクを経て、19年に復帰した古巣でマウンドを後にした。「野球をやっていると苦しいことの方が多いんじゃないかと思うんですけど、プロ野球の世界はこんなに素晴らしいと実感できた。幸せです」。記録にも記憶にも残った野球人生に悔いはない。

 引退会見では「人生の半分以上をプロ野球でやってきたので、携わっていけたらと思います」と発言。サッカー元日本代表の中田英寿氏らと同じ大手マネジメントのサニーサイドアップに所属し、野球評論をはじめ様々な活動に挑戦していく。日本シリーズでは“解説デビュー”し、12月に入って公式インスタグラムを開設するなど、精力的な姿が目立つ。「現役じゃないと(野球の)見方が変わってくる。外からいろんな見方ができればいいかなと思います」。ユニホームを脱いでも、全力投球のスタイルは変わらない。

 ◆五十嵐 亮太(いがらし・りょうた)1979年5月28日、北海道生まれ。41歳。千葉・敬愛学園高から97年ドラフト2位でヤクルト入り。2004年に最優秀救援投手。10年に海外FA権を行使してメッツ入りし、ブルージェイズ、ヤンキースを経て、13年からソフトバンクでプレーした。19年にヤクルト復帰。日米通算906試合で70勝41敗70セーブ、防御率3・20。178センチ、95キロ。右投右打。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。