【箱根駅伝戦力分析】(19)法大、夏合宿中止も過酷・東京での練習で成長(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

◆法政大(前回15位、6年連続81回目)=予選会8位、全日本不出場=

 コロナ禍の影響を受け、大学本部の指示で夏合宿が禁止された法大は試練を乗り越え、第97回箱根駅伝(2、3日)に臨む。2年ぶりのシード権(10位以内)奪回に向けて、坪田智夫監督(43)は補欠登録のエース鎌田航生(3年)に対し、自身が持つ2区の法大記録更新を指令。前回に続き、花の2区に出陣濃厚な鎌田に「オレンジエクスプレス」復活の期待がかかる。

 ハーフマラソンの上位10人の合計タイムで10枠を争った予選会で、法大は5キロで17位、10キロで16位と出遅れたが、後半にペースアップして8位で通過した。登録16人の1万メートル上位10人の平均タイム(29分20秒91)はオープン参加の関東学連を除き20校中19位だが、全区間20キロ超の本番で予選会同様に粘り強い走りをできれば2年ぶりのシード権獲得も見えてくる。坪田監督は「あまり競技会に出ていないし(トラックの記録は)狙っていない。選手層は厚い」と明かす。

 18~20年大会に5区で区間賞、3位、4位とチームを支えた青木涼真(現ホンダ)が卒業して抜けた穴は大きい。後継者候補に挙がる前回4区8位の河田が2区でエントリーされ、同9区7位の清家らの奮闘が鍵を握る。

 夏合宿を行うことができなかったが、酷暑の東京で地道に練習を積んだことで芯があるチームに成長した。過酷な夏を乗り越えた法大は、堂々と冬の決戦に臨む。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。