【2021年注目騎手】外国人3人目通年免許取得へ ミシェル「コロナは私の夢を止められない」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

新たなオリンピックイヤーとなった21年。新型コロナウイルスの猛威は全世界で1年が経過しても衰えていない。それでも、ミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメールに続き、3人目の外国人JRA通年免許取得を目指すミカエル・ミシェル騎手(25)=フランス=の動向から目が離せない。

 18年8月に札幌で行われたワールドオールスタージョッキーで初来日を果たすと、「日本に恋をしました」とファンの前で発言し、JRA通年免許を目指すことを明らかにした。19年1月には地方競馬の短期免許取得で再来日。まだ片言ではあるものの、できる限り日本語を駆使しようとする姿勢から、JRAの通年免許に必要な日本語の勉強を続けてきた努力が垣間見られた。

 再来日の際、“日本らしさ”を体験してもらうために、ともに相撲部屋に一緒に出かけ、またある日には、東京都内で一緒に食事をしたこともあった。「日本が大好き。ご飯もおいしいし、住みたい」。彼女の日本愛は日に日に増していることがわかった。

 現在、JRA短期免許を取得すべく、来日を模索しているものの、日本政府が1月末まで新たな外国人の入国禁止措置を取ったため、ビザの取得ができていない。それでも、「今は待つことしかできない。夢を持ち続けている。諦めたくはないし、コロナには負けない。コロナは私の夢を止められない」と強く言い切るミシェル。再び日本のターフを沸かせてくれる日を待ち望んでいる。

(松浦 拓馬)

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。