【楽天】久保裕也 支えられた日々から、選手を支える日々へ 2軍コーチ就任…第二の人生、羽ばたく(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

楽天・久保裕也投手(40)は指導者として第二の野球人生をスタートする。21年から2軍投手コーチを務める、1980年度生まれの松坂世代。「みんなに言いたいのは、ユニホームをいつか脱ぐ日が来ることと、その時にやり切ったと思えるように後悔のない野球人生を送ってほしいということ。伝えられることは伝えていきたい」と後進の育成に努める。

 さまざまな経験をしてきたからこそ、伝授できるものは多いだろう。巨人、DeNA、楽天の3球団を渡り歩いた18年間の現役生活。巨人時代の2010年には球団史上最多79試合登板を果たし、19年に通算500試合登板を達成。先発、中継ぎ、抑えの全てを務めてきた久保は多くの人に支えられ、40歳までマウンドに立ってきた。

 プロ入り当初は練習嫌いだったという。それでも「ジャイアンツにいた時に一番一緒にいる時間が長かった」後輩の現西武・内海、巨人・山口鉄也3軍投手コーチに一瞬にして置いていかれ、心を入れ替えた。「自主トレを一緒にやったりだとか、後輩ですが学ぶべきものがものすごく多い2人だった。今の僕があるのも2人のおかげ」と感謝する。

 練習に取り組む姿勢を変えた中、うまくいかない日々も続いた。そこで何度も相談に乗ってくれたのは、巨人で先輩だった木村拓也氏。便利屋として何でもできる強みを教えてくれた。しかし、木村氏は巨人のコーチを務めていた2010年にくも膜下出血で急逝。「もやもやしていたものが吹っ切れた瞬間だった」とプロ生活での最大の転機だった。

 3度の戦力外通告や手術も経験してきた。苦しんだ時期を乗り越えてきたからこそ、コーチ業に生かせることもある。「本来は選手の立場からしたら困った時に頼るのがコーチだと思いますが、困る前にコミュニケーションを取りたい。困ってからでは手遅れになることもある。ちょっとした変化にいち早く気づいてあげられたらと思う」と力を込めた。

 「選手のことを信頼し、選手から信頼されるコーチになれるように頑張っていきたい」。山あり谷ありだった現役生活。今度は培ってきた財産を選手に還元し、自らが支えていく存在となる。

 ◆久保 裕也(くぼ・ゆうや)1980年5月23日、福岡県生まれ、40歳。沖学園高から東海大を経て、2002年ドラフト自由枠で巨人入り。10年には球団史上最多79試合に登板。11年にはセットアッパー、抑えとして67試合に登板し防御率1・17。15年限りで戦力外となり、DeNAへ移籍。16年に戦力外に。17年2月にテストを受け、楽天に入団。通算成績は506試合に登板し54勝37敗37セーブ、防御率3・45。177センチ、78キロ。右投右打。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。