東京成徳大が止まらない! 得意のハイスコアで決勝まで勝ち上がる…残すは桜花学園との頂上決戦(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

東京成徳大学高校(東京都)が、2009年以来11年ぶりとなるウインターカップ決勝進出を決めた。

“女王”桜花学園に立ち向かった高知中央

 12月27日に行われた「SoftBank ウインターカップ2020 令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会」準決勝は、北海道代表の札幌山の手高校と激突した東京成徳大。立ち上がりから激しく得点を取り合い、前半で57-51のハイペースで試合を折り返す。7点差で迎えた第3クォーターでは山口希乃夏(3年)、佐坂光咲(2年)の3ポイントなどで2ケタリードとし、第4クォーター序盤には90-73と優位に立った。

 しかし、ここから相手の猛追に遭うと、みるみるうちに点差が詰まっていき、試合終了残り2分を切った時点でリードはわずか2点。それでもその後は得点を許さず、最終スコア96-92で接戦をものにした。

 東京成徳大は第3クォーター中盤からキャプテン兼ポイントガードの山田葵(3年)がベンチに下がっていた時間帯があり、そこでオフェンスが機能せずに追い上げを許してしまった。ベンチでは「ドキドキしていた」という山田だが、コートへ戻ると、「こういう時こそ落ち着いてプレーしようと思っていました」と、チームを落ち着かせて勝利を手繰り寄せた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。