ウォリアーズの控えビッグマン、マーキーズ・クリスが練習中に右足首を骨折し長期離脱(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

12月28日(現地時間27日、日付は以下同)。ゴールデンステイト・ウォリアーズは練習中にマーキーズ・クリスが右足首を骨折したことを発表した。

 チーム在籍2年目のクリスは、パワーフォワード兼センターとして開幕を迎え、2試合で平均13.5分6.5得点6.5リバウンド1.0アシスト1.0ブロックを残していたものの、27日の練習中に腓骨を骨折し、右足首の靭帯結合部分を負傷する重傷を負った。

 スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、27日のスクリメージ中にクリスが負傷したと話している。

「ロブパスに向かって跳び上がり、不自然に着地したんだ。当然、我々は悲しみに打ちひしがれている。彼がどれくらい離脱するか分からないんだ。手術を受けた後、我々は(離脱期間について)知ることになるだろう」。

 28日に『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者は、リーグの情報筋から得たものとして、クリスが今季残り試合を全休することになるだろうと報道。

 ウォリアーズは28日のシカゴ・ブルズ戦で、ステフィン・カリーがゲームハイの36得点に6アシスト、アンドリュー・ウィギンズが19得点9リバウンド、エリック・パスカルが15得点をマーク。残り2.3秒にデイミオン・リーが値千金の長距離砲を沈め、129-128で今季初勝利を収めた。

 だがドレイモンド・グリーンが右足の負傷で3試合連続の欠場となっており、バックアップのビッグマン、クリスの不在は今後響くことになるだろう。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。