ロンドとカペラが今季初出場したホークスがピストンズを下して今季負けなしの3連勝(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

12月29日(現地時間28日、日付は以下同)。アトランタ・ホークスはホームのステイト・ファーム・アリーナでデトロイト・ピストンズ戦に臨み、128-120で勝利した。

 この日のピストンズはブレイク・グリフィン、デリック・ローズに休養を与え、若手中心の布陣で戦うも、最大24点ビハインドを背負うなどホークスのたたみかけるようなオフェンスに手を焼き、開幕3連敗。

 一方、ホークスはこれで開幕3連勝と好スタートを切ることに成功。オールスターのトレイ・ヤングがゲームハイの29得点に6アシスト、ボグダン・ボグダノビッチが17得点5リバウンド5アシスト、ジョン・コリンズが15得点5リバウンド、キャメロン・レディッシュが11得点7リバウンド3アシスト3スティール、ディアンドレ・ハンターが11得点6リバウンド3アシスト、ソロモン・ヒルが12得点をマーク。

 そしてこの日はオフに獲得したラジョン・ロンド、今年2月にトレードで獲得したクリント・カペラのデビュー戦となった。ロンドはベンチから約15分プレーして12得点8アシスト、先発センターのカペラは約20分の出場で7得点9リバウンド2ブロックを残した。

 ヤングはチームトップの8アシストでターンオーバーをゼロに抑えたベテランのロンドについてこう語る。

「信じられないプレーだった。でもそれは別に驚くようなことじゃない。彼はベテランであり、このリーグでいくつもの大きな経験を積んできた。だからゲームに出場してアジャストすることは、彼にとって難しいことじゃないと分かっていたよ。今夜、彼がこのチームのために一体どれほどのことができるのか、まだほんの少しだけど見ることができたんだ」。

 この日ホークスはダニーロ・ガリナーリ、トニー・スネル、オニエカ・オコング、クリス・ダンが欠場したものの、7選手が2ケタ得点を残し、チーム全体でフィールドゴール成功率48.8パーセント(40/82)、3ポイント成功率47.6パーセント(20/42)と高精度なショットを披露し、30本ものアシストを積み上げた。

「3勝0敗になったことは僕にとってもすごくうれしい。でも1試合1試合をモノにしようとしているだけ。次はブルックリン(ネッツ)という本当に良いチームとの戦いが待っている。僕らは次の試合でも同じエナジーと努力を持ち込む必要がある。僕はこのチームに超ワクワクしているんだ。皆が健康体を保てば、きっと楽しくなるさ」。

 ヤングは31日、来年1月2日に行なわれるブルックリン・ネッツとのアウェー2連戦に向けて意気込みを語り、会場を後にした。

【広告】


コメントは受け付けていません。