桑田佳祐2年ぶり紅白に帰ってくる 坂本冬美応援でVTR出演へ(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

大みそかの第71回NHK紅白歌合戦(後7時半)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。コロナ禍による史上初の無観客開催となる紅白は、リハから厳戒態勢が敷かれた。この日リハを行った坂本冬美(53)のパートに、サザンオールスターズの桑田佳祐(64)が2年ぶりに“出演”することが決定。VTRで登場する。

 お祭り男の桑田が紅白に帰ってくる。サザンとして特別出演し、最終歌唱者を務めた18年以来、2年ぶりの出演になる。

 複数の関係者によると、自身が作詞・作曲した「ブッダのように私は死んだ」を歌う坂本のパートにVTR出演する。坂本がサザンのファンになるきっかけとなった地元の古くからの友人(初恋の人!?)役にふんし、坂本にエールを送る内容。桑田のアイデアによるもので、既に撮影を済ませている。

 坂本の歌唱の際には、前口上も述べる。大みそかはサザンとして6年ぶりの年越しライブ(後10時)を無観客で行うが、事前収録のため支障はない。同局関係者は「粘り強いオファーが実って実現に至りました」と安どした。

 「ブッダ―」は、桑田が23年ぶりに他アーティストに楽曲提供した作品。坂本を主人公に見立て書き下ろしたもので、悲しくも美しい愛に生き死にゆく、一度きりの大人の恋を描いた“歌謡サスペンス劇場”とも呼べるナンバーだ。

 楽曲誕生のきっかけは18年の紅白だった。桑田のステージを目の前で見た坂本が、「曲を書いてもらいたい」とラブコールを送ったことが始まり。坂本はこの日のリハ後の取材で「2年後に、まさか桑田さんの歌を(紅白で)歌えるとは…。夢のようです」と感慨に浸った。

魂込めて歌う 18年連続32回目の出場。今年はNHKホールに観客の姿はないが、坂本は「生(放送)で開催してくださることに感謝したい。嫌な思いを今年中に置いていくつもりで。魂を込めて、倒れてもいいぐらいの気持ちで歌わせていただきたい」と気を引き締めた。来年は芸能生活35周年。「桑田さんに曲を書いていただいたことが、何よりも大きな1年だった。この曲で、節目の年を迎えられる幸せはない。もっともっと知っていただいて代表曲になるように」と恩返しを誓った。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。