LiSA「帰ってきた~」2年連続紅白リハは笑顔でリラックス アニメ特別映像で鬼滅メドレー(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

大みそかの第71回NHK紅白歌合戦(後7時半)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。コロナ禍による史上初の無観客開催となる紅白は、リハから厳戒態勢が敷かれた。

 アニメ「鬼滅の刃」紅白SPメドレーを歌う歌手のLiSA(33)は、リラックスした表情で現れた。「全てが初めてでドキドキばかりだった」昨年のステージから1年。「2回目となると『この感じ、帰ってきた~』という実感が湧いてきました」と笑顔を浮かべた。

 昨年も披露したアニメのOPテーマ「紅蓮華」と、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の主題歌「炎(ほむら)」を、紅白のためだけに特別編集されたアニメのスペシャル映像と共に歌唱する。

 劇場版は日本の歴代興収1位の新記録(324億7889万5850円)を樹立。関連する音楽も、オリコン年間ランキング「デジタルシングル(単曲)ランキング」で「紅蓮華」が1位、「炎」が2位で上位を独占し、今年の顔と呼べる活躍ぶりだった。「歩いていると、皆さんが鬼滅の話をしてくださっている。作品を愛してくださった皆さんに向けて、精いっぱい届けたいと思います」

 来年はソロデビュー10周年。今年は新型コロナの影響で、6月に予定していた初ドーム公演を含む全国ツアーが延期となっただけに、21年に懸ける思いは強い。「かなえられなかった約束もたくさんある。(ファンの方と)会えない鬱憤(うっぷん)がたまっているので、放出して“重たい愛情”を受け取ってほしい」と話した。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。