【紅白リハ】郷ひろみ 筒美京平さんに捧ぐメドレー「多くの方にぼくの元気とかいろんなモノを届けたい」(スポニチアネックス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポニチアネックス

大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(後7・30)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールなどで行われ、33回目の出場となる郷ひろみ(65)は「筒美京平トリビュートメドレー」を披露した。

 今年10月に亡くなった作曲家の筒美京平さん(享年80)。郷のデビュー曲「男の子女の子」をはじめ、数々のヒット曲を生み、希代のヒットメーカーとして日本の音楽史に多大な功績を残した。

 郷は筒美さんの出会いを「50年くらい前」と話し、「第一印象は、ものすごくピアノが上手な方だなと思ったことをハッキリと覚えています。それが音にも、指先にもすべて表れていたんじゃないかなと思う、とにかく繊細な方」と思い出を語った。

 筒美さんに「アルバム含めて100曲ぐらいは書いていただいてると思います」という郷。「もちろん筒美京平先生に捧げる思いもありますけど、テレビをご覧になる多くの方にぼくの元気とかいろんなモノを届けたいなと思う」と語った。

 コロナ禍で迎える、史上初の無観客紅白。「演出でどこまでダイナミックにできるかと期待して、チラっと見たんですけど、さすがNHKだと思いましたよ」と期待感をあおった。おなじみのジャケットプレーは「ないんですよ。あまり僕には期待しないほうがいいんじゃないですか?(笑い)」とおどけつつ、「楽しく、(観客のみなさんが)いらっしゃる気持ちで歌いたいし、多くの方と『男の子女の子』を楽しめればという思いですね」と意気込んだ。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。