安城学園がベスト8進出、主将の片山愛悠が第3Qに輝きを放つ(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

12月25日に行われた「SoftBank ウインターカップ2020 令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会」女子3回戦の聖カタリナ学園高校(愛媛)vs 安城学園高校(愛知)は、第3クォーターに明暗が分かれた。

ウインターカップ史上初となる高校生審判員が誕生!都立小山台高校・三浦海音くん

 試合を制したのは安城学園。6点リードで迎えた後半は、前半からオフェンスを引っ張っていた近藤はづき(3年)に加え、片山愛悠(3年)も続いて一時11点リード。しかし、負けじと聖カタリナも連続得点で決め返し、残り5分39秒時点で3点差まで迫られた。再び競り合いの様相を呈するかと思われたが、ここからキャプテンの片山がギアを上げた。

「自分の武器はドリブル突破なので、チームが苦しい時にそれを発揮して流れを持ってくることを意識しました」と、160センチという身長のハンデをものともせずに相手守備網を切り裂き、相手のファウルを誘発。与えられた計6本のフリースローは1本外してしまったが、片山はこの10分間で13得点をマーク。第4クォーターを前にリードを18点に拡大し、最終スコア93-67でベスト8進出を決めた。

 安城学園は近藤はづき、近藤京(2年)がともに22得点を挙げ、試合を通してオフェンスをけん引。2人に次ぐ19得点5アシストで勝利に貢献した片山は、存在感を放った第3クォーターについてこう話した。

「どこで点を取ったかというのはあまり覚えていないんですけど、とにかく絶対に勝って次の試合につなげたかったので、その一心でプレーしていました。少しは貢献できたと思うので良かったです」

 今大会における安城学園のエントリーメンバーは、3年生が4人しかいない下級生主体のチーム。先発を担う5人の中でも近藤はづきが唯一の3年生だ。片山は大会前まではスタメンだったが、ウインターカップでは1年生の高木すずが代わりに先発を務めている。現在のシックスマンの役割には、「つなぎの役割は難しい部分がる」と吐露するも、「1年生がスタートで頑張ってくれている分、自分も3年生としてキャプテンとして仕事を全うできるようベンチからしっかり流れを見るようにしています」と口にする。

「試合に出る選手も下級生が多いですが、3年生に限らずユニフォームもらえずベンチに入れない選手たちの思いを背負ってしっかり勝たないといけないと思っています。それをチーム全体にも話しているので、次も勝ってメインコートでの試合につなげられるように頑張りたいです」

 メインコートに立てる女子チームは4校。次戦の勝利にも、3年生の意地が必要だ。

文=小沼克年

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。