秋田ノーザンハピネッツが三遠ネオフェニックスをホームで退ける、古川孝敏が最終Qだけで11得点(バスケットボールキング)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:バスケットボールキング

12月26日、CNAアリーナ☆あきたではB1第15節が開催。秋田ノーザンハピネッツは三遠ネオフェニックスをホームで迎え撃った。

 第1クォーターから互いに激しい点の取り合いとなる。しかし、秋田は残り3分36秒から細谷将司が1人で10連続得点をマーク。三遠を突き放し、30-18で終えた。続く第2クォーターでも相手を上回る21得点を積み上げ、51-37でハーフタイムへ。

 しかし、第3クォーターでは三遠の川嶋勇人に8得点を許し、68-61と点差を詰められる。7点差で始まった最終クォーターは、古川孝敏が連続して3ポイントシュートを沈め、三遠に流れを渡さない。その後も古川は、リズムよく得点を重ね、最終スコア89-79で秋田がホームで白星をマークした。

■試合結果
秋田ノーザンハピネッツ 89-79 三遠ネオフェニックス(@CNAアリーナ☆あきた)
秋田|30|21|17|21|=89
三遠|18|19|24|18|=79

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。