【嵐インタビュー7】再集合は 松潤「明言に責任取れない」でも“世界中に嵐を巻き起こす”は大事(中日スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:中日スポーツ

今年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ「嵐」の大野智(40)、櫻井翔(38)、相葉雅紀(38)、松本潤(37)、二宮和也(37)が、超多忙なスケジュールの合間をぬってこのほど東京中日スポーツなど在京スポーツ紙6紙の合同インタビューに応じた。1999年のデビューから21年間の活動を振り返りながら現在の心境、大みそかの生配信ライブにかける意気込み、後輩たちに寄せる期待、活動休止後のビジョンなどをたっぷり語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 ―アメリカンドリームは志半ば。また集まったときにかなえたい夢ですか

 松本「僕個人の話で言うと、それは時期とかタイミングが重ならないとできないことだとそもそも思っていたので、時期が空いて急にポンとできるようになることでもないと思っています。さっきの話とも通じるかもしれないですけど、(活動期間を)延長することがあり得たのかという話で言うと、リーダー(大野)が『一度何事にも縛られずに休みたい』と言っていたことからすると、あんまり今後のことをこうしたいという話を今するべきじゃないタイミングなんじゃないかと思っています。まずは12月31日までを5人で走りきって、その時間を終えた後にゆっくり考えればいいんじゃないかというか、今ここでこうしたいという話をしても、そうなるとも思わないし、それは時間がたってからもう1回考えていくことなのかと思います。明言しないということが悲しいととられるかもしれないけど、明言するということに責任を取れないので、明言することを避けるというのが僕の感覚ですね」

 相葉「(再開まで)何年空くか分からない中で、みんなで『もう一発いこうぜ!』ってなったときに、まあアメリカの需要ないでしょうね。そのときにはもはや、たぶん。ていうよりも、自分たちをずっと支えてくださった方たちがたくさんいるホームで感謝の思いでというふうになるのか…。そのときにならないと分からないですけど、なかなか想像のはるか上なので。でも、ジャニーさんからもらった『世界中に嵐を巻き起こすんだ』という言葉は大事にしていますね」

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。