【BLOOD】母の資質引き出すバゴ産駒ジェネシス(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

いよいよ今年の中央競馬もオーラス。やはり有馬記念で終わるのは、オールドファンにとってはしっくり来る。先週の段階で予告したが、本命はバゴ産駒クロノジェネシスだ。まさかファン投票1位になるとは思っていなかったが、それだけ強さを認めるファンが多いということか。

 バゴは先週も書いたとおり、上級馬の底力は高く、良質な繁殖牝馬につければもっと活躍馬を出せるとも思う。良質な繁殖牝馬ということでいえば、ハービンジャー産駒の半姉ノームコアが香港カップでGI2勝目。距離体系が細分化された現代競馬で、マイルと2000メートルという異なるカテゴリーのGIを制した質の高さは、やはり繁殖牝馬のレベルの高さを示すもの。クロノロジストという母に感謝だ。夏の宝塚記念を勝ったと言って、真冬のGPでも牝馬を信用していいのかという懸念はあるが、近年の牝馬の活躍を念頭に置けば心配は要らない。

 相手にはオーソリティを抜擢する。GIIを2勝しただけの3歳馬だが、このコースにめっぽう強いステイゴールド系オルフェーヴル産駒というのが大きな魅力。母父シンボリクリスエスも有馬2勝。叔父のサートゥルナーリアも昨年2着と縁が深い。チャンスは十分。同じオルフェのラッキーライラック、オセアグレイトにも印を回した。

 3番手はブラストワンピースを見直す手だ。一昨年Vのあとは思ったほどの活躍ができていないが、ハービンジャー産駒のなかでは長距離砲。元をたどればダンジグ系であり、苦手の東京GIを大敗し、2戦2勝で得意の中山コースで巻き返しというのは、血統を考えれば十分に有り得る話。人気とのバランスを考えれば、厚めに買いたい。

 4番手はカレンブーケドール。ディープインパクト産駒らしからぬ、粘りの走りを信条とする1頭。母父スキャットダディを考えても血統の枠をはみ出た印象が強いが、その走りからすれば中山のこの舞台は合う。出方が見どころだ。(夕刊フジ)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。