新入幕の翠富士 目指すは「炎鵬さんと照強さんの間くらい」【大相撲】(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月10日初日、両国国技館)の番付を発表した。翠富士(24)=伊勢ケ浜=が静岡県出身者では2010年春場所の磋牙司以来戦後5人目となる新入幕を果たした。リモートでの会見では三賞受賞を目標に掲げた。

   ◇   ◇

 またひとり、気になる小兵が上がってきた。翠富士が静岡県出身では磋牙司以来10年ぶり、戦後5人目となる新入幕。171センチ、118キロと小さいが、十両優勝を決めた11月場所は肩透かしを4回、巻き落としに珍手のずぶねりも決めた。

 目標は「優勝は言い過ぎなんで、三賞を目標にしたい。10勝して三賞取りたいと思います」と掲げる。

 炎鵬や翔猿、同部屋の照強ら小兵の活躍が目立つ今の角界。「照強さんみたいな相撲を意識してるけど、そこまで力はない。押していきながら技をかける、炎鵬さんと照強さんの間くらいの相撲を取りたい。2人のいいところを取れたらいいなと思います」と理想の取り口を語る翠富士。

 貴景勝、阿武咲とは同学年。「ほんとにやってみたい。今場所当たりたいくらいの気持ちで」と大暴れを宣言した。

【広告】


コメントは受け付けていません。