「今年は表彰台の一番上を狙って…」17歳鍵山優真がさわやかV宣言!【フィギュア】(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

◇24日 フィギュアスケート全日本選手権 公式練習(長野市ビッグハット)

 大会は25日、男女のショートプログラム(SP)で開幕する。今季シニアデビューを果たし、11月のNHK杯でグランプリ(GP)大会初出場初優勝を飾った鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=は「昨年はあまり表彰台は狙っていなかったが、今年はしっかりと表彰台の一番上を狙って、それに合った演技をすることが目標」と、さらりとV宣言した。

 今季3タイトル目となる戦い。「氷が自分にすごく合っていて、4回転サルコーもすごく跳びやすかった。曲かけも通して、4回転はかなり調子が良かったので、このまま(SPが行われる)明日まで頑張っていければいいかな」と、好調ぶりをアピールした。

 昨年はジュニアながら堂々の演技を見せて逸材ぶりを発揮して3位。憧れの宇野や偉大な五輪王者の羽生に次ぐ上出来の順位をつかんだ。2022年の北京五輪出場を目指す次世代ホープは「(大会などの練習で)一緒に滑ると(羽生選手の)スケーティングから全然、自分とはスピードが違う」と、世界のトップ選手から大きな刺激を受けているようだった。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。