日向坂46、毎年恒例クリスマスライブ開催 休養の松田好花もサプライズ復帰で「幸せ」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

日向坂46が24日、有料配信による毎年恒例のクリスマスライブを行った。

 サンタクロースのコスプレ姿で登場し「NO WAR in the future 2020」で開幕。ステージ上にはおばけホテルをイメージしたセットが設置され、客席にはペンライトが置かれ、齊藤京子(23)は「ペンライトが客席においてあって、この光景が懐かしくてジーンとしています」としみじみ語った。

 メンバーが道に迷っている設定の寸劇中に事前収録された音声で「ただいま」と流れると、眼科系の病気の治療のため休業していた松田好花(このか、21)が姿を現し、サプライズ復帰。歌唱前に目に涙を浮かべた松田は、富田鈴花(19)とのユニット曲「まさか、偶然…」を歌い上げた。

 アンコールのMCで再登場し、メンバーから「おかえり」と迎えられた松田は「今、こうやって立てていることが幸せです。たくさんの方が支えてくださって前向きになることができました。ほんとうにありがとうございます。完全に万全な状況とは言えませんが、様子を見ながら大好きな日向坂の活動を頑張っていきたいです」と大粒の涙を流した。“相方”の富田も松田の復帰に涙。「こうやって帰ってきてくれてすごくうれしいし、みんなで支えていくから自分のペースで頑張ろうね」。強い絆を見せつけた。

 この日は代表曲「ドレミソラシド」「アザトカワイイ」など全22曲を披露。来年も東京ドームでクリスマスコンサートを開催することが決定した。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。