福山雅治、初の無観客オンラインライブ「予想は裏切るが、期待裏切らない」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

デビュー30周年を迎えた俳優で歌手の福山雅治(51)が27日に行う自身初の無観客オンラインライブ(後7時)の詳細が24日、明らかになった。

 新型コロナの影響で9月の地元・長崎の稲佐山ライブ、11月の全国ツアーが延期され、「逢(あ)えなくても、人と人とがつながることの大切さ、うれしさを分かち合い、希望を感じられるような締めくくりになれば」と開催を決意。「HUMAN」以来、6年8か月ぶりのオリジナルアルバム「AKIRA」収録曲の全17曲(「革命」「心音」「始まりがまた始まってゆく」など)を披露する。

 「どれだけ通常のライブから逸脱することができるか」がテーマ。福山は「予想は裏切るが、期待を裏切らない新たなクリエイティブを」と自らを鼓舞。無観客を逆手に取ったカメラアングルやカット割り、照明を駆使した演出プランを練り、数か月間、スタッフと試行錯誤を重ねてきた。

 特徴は最先端技術を用いた3つのステージ。カメラアングルによって異なる背景が可能なセンターステージ、全面を白で覆うホワイトステージ、異次元世界のような「AKIRA」ステージが設置される。中でも、アルバムの世界観を表現した「AKIRA」ステージはSF映画用の舞台セットをほうふつとさせる出来栄えになった。

 福山は「ライブはオーディエンスと作り上げていくもの。最も重要な『オーディエンスという表現者たち』が会場にいないことを、逆説的かつ有機的に捉えられないかと考えました」と説明。生みの苦しみを経ただけに「これまでのどのライブとも違う表現に仕上がる手応えを感じています。約2時間にわたる『AKIRA』という1つの映画を見ていただくような、今しかできない音楽表現をご期待ください」と自信をみせた。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。